墓石110番

墓石110番

社長ブログにお越しいただきありがとうございます。
少しでもお客様のお役に立つような情報を掲載して行きたいと
考えております。
当社は2003年にインターネットにて墓石の価格を初めて公開した

元祖のホームページです。おかげさまで1200基を超える施工に携わって
参りました。  

伊豆大島共同墓地

伊豆大島 高間家
その間、倒産していく石材店を数々見てきました。
石材産地の真壁地区の倒産が圧倒的に多く、激安石材店と呼ばれる
石屋は倒産が多いのです。私は倒産リストも持っています。
まだ営業している会社もありますのですべては公開できませんが、
凄い数です。名前や姿形を変えてネット販売している業者もいます。
有名な話ですが、「俺は1基10万円だけ儲ければそれでいい、、、」
月に4件も売れば食って行けると言った業者がありました。
結果、数億円の負債を抱え倒産しました。
大手問屋の展示場に顧客を案内して石の原価に工事代金を乗せて
自分の利益を10万円だけ下さい。といった商法です。
当然、展示場は出入り禁止。私の知っている同業者だけでも数社に
売掛金を払わず行方不明です。激安店の教祖がこの有様です。
なぜ、安く売れるか?簡単です。中国工場、石材問屋や工事人、墓石字彫店に
お金を支払わないからです。支払いが無ければいくら安く売っても
大丈夫なはずです。そんな業者が多いのがこの業界です。
まず、墓石を注文する際に「全額前金」これはやめた方がいいでしょう。
だって、倒産している訳ですよ。石の良し悪し以前の問題です。
皆さんがネットで安い中古車を見つけたとします。
品物が納品されて検品する前に全額払いますか?私なら払いません。
墓石問屋にはいくつか種類があります。安くて過去のうんぬんを聞かない問屋は
いわゆる現金問屋です。現金問屋も個人法人いろいろあります。
こちらは前金に近い支払いになります(中国工場に即金入れないと輸入できない)
ブラックな個人や法人でも仕入れが可能です。粗悪品なのは言うまでもない事です。
もちろん問屋は粗悪品だとは決して言いません。実例がたくさんありますので
今後追ってご紹介していきます。業界人として自慢できませんが真実を知って頂きたい。
1円でも安く物を買いたい消費者の気持ちは私も理解できます。
私も普段よくスーパーに買い物に行きます。
ただし、一番安いスーパーは行かない事にしました。
最近いちごが美味しい季節です。うろうろを買い回りしてみました。
事実として一番安いスーパーのいちごは甘みがありませんでした。
他の商品も大概この法則が当てはまっています。
または、消費期限が短いなど「訳あり」を専門に扱っています。
確かに値段は一番安いのですが、満足感は得られません。
多少金額の差があっても高級デパートよりは安いわけですから、
鮮度の良い店を利用します。訳あり商品は買わなくなりました。
もっとわかりやすい例を挙げますと、今話題の大塚家具とニトリに行って
比較してみて下さい。どちらが良いとは書けませんが一目瞭然でしょう。
墓石も同じです。むしろこの法則が当てはまらない業界はあるのでしょうか?



このページのトップに戻る