経営努力

経営努力

当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

墓石価格の仕組みや、石材店の経営状況、また墓石の原価

などいろいろ暴露話も含めなるべく楽しい内容でお客様に

納得頂ける情報ブログを目指します。

昨年からのネット広告の状況ですが、安売り店が乱立し実態のわからない石材店が

突然現れ最安値競争を始めるという有様。石材業界団体から名指しで「問題店」

と指名を受けている業者もあります。墓石業界の品位が落ちるからです。

墓石の価格を日本で初めてネットで公開した当社ですが、当時はだいぶ叩かれました。

価格破壊をするなと言う話です。

 

当社においてもありがちなお話ですが、今でも見積もりを出すと地元の業者の

半額くらいになります。

 

現在では都立霊園等、石材店の指定がない公営霊園では2㎡以下39.8万円~

は珍しくありません。

 

しかし、さんきゅっぱオンリーの業者は無いです。企画はあくまで企画です。

たまに単価の高い発注が入るのでそれでもやって行けるのでしょう。

ちなみに、当社の価格は同じ39.8万円でも墓誌は希望がありますと

サービスで付く点と石碑が関東標準寸法なので他社のように背丈を

低くしていませんので、おそらく本当の最安値を実現できたはずです

 

ほとんどのお客様がヤフーやグーグルなどの有料広告や業者が

SEO対策したいわゆる広告費用が掛かっている媒体からアクセスするため、

その費用もそれなりに上乗せしないと運営できないという弱点も抱えています。

 

得意先のご紹介のみでやっていける業者はこの過酷な価格競争にあえて

参入してきません。赤字になるからです。

当社もそういった考えもございますが、相場よりもお安くご提供することで

ネットにおいても多くのお客様から長い間ご支持をいただいて参りましたので、

期待に応えられるように利益は度外視して墓石を供給していく覚悟でございます。

したがって、ご縁のあったお客様にはクオリティの高い製品を地域相場の

半額でご提供できますし、これはそれほど驚く話でもございません。

必然的に知らないと高い買い物になってしまう可能性はあるという事です。

 

さて、昨年からの低価格路線の状況に対応するため様々な工夫を行っています。

まず、ベテラン従業員は定年退職したこと、アンマッチだった従業員は

リストラして営業は社長一人で対応するため人件費がかからなくなりました。

 

クラウン等それなりの高級車を思いきって軽自動車に乗り換えました。

さらに、墓石展示場を駐車場にして駐車場料金35.000円を浮かすことを決断。

 

一番大きいのは、これはもともとですが自宅を兼ねた事務所のため事務所を借りたら

安くても15万円から20万円ほどかかる事務所の経費が0円であること。

事務所代を墓石価格に転嫁しなくて済む。これは大きいです。

事務所も応接間もございますので、ご一報後、是非、ご来社お待ちしております。

 

実は地場の石材店はみんなこんな感じなのですが、当社もそれなりにコストダウンに成功

しました。

 

もちろん、輸入の工夫や職人の質を落とさない努力など

年末にかけ長時間各方面の責任者と話し合いを持ち、新規参入の不良墓石店

の繁殖を防ぐため協力を取り付けました。

 

売上が少し増えると事務所をかまえたり展示場を出す業者は

小売店でも問屋でも多いのですが、経営的にはマイナスになります。

当社も正義感だけでやっている訳ではございませんが、お客さんに本当の事を

伝えずダマしているとしか思えない業者が近年増えました。

業界人として残念な事ですが、勝負できるのが価格だけなので、そういった

業者は今後増えると予想されます。

ローコスト墓石もいろいろあるのと、あくまで業者のモラルだけで成り立って

いますので信用できると思ったら買いですし、あやしいと思ったらまあ

怪しい業者でしょう。賢いお客様はわかるはずです。

 

「ネットで売れたよ」一番安い黒で頼むね!実際に茨城の問屋にて聞いた会話です。

ネットだけで商売をしている石材店は似たようなジェネリック石屋が今後増加する事で、

今よりも競争が激化し倒産する安売り店が出てくると予想されます。

 

基本的に小売り同業者は仲が悪いのがこの業界の特徴です。(残念ながら)

 

アフターサービスは期待できなくなります。法人の倒産も自己破産も一緒です。

大手石材店の計画倒産も見てきましたが、後の事は考えてないですね。

初回の納骨よりも2回目以降の納骨が大事なのです。

 

他社の施工した墓石の追加彫刻や納骨は基本やらないのがこの業界です。

 

10年保証も当社が提案してからほとんどの業者が導入しましたが、

過去10年保証してきた会社は限られております。長く使うものですので

慎重に選んでほしいのが墓石工事となります。謄本を取ってみるのも

必要かもしれません。石材店にリクエストすれば見せてくれるでしょう。

 

 



このページのトップに戻る